/

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7月のケン・ウィルバー研究会 | main | 9月のケン・ウィルバー研究会 >>

8月のケン・ウィルバー研究会

2010年08月のケン・ウィルバー研究会の開催情報を御案内します。

8月以降のケン・ウィルバー研究会では、インテグラル理論の最新モデルであるWilber-5(8 zone model)について探求をしていきます。

Wilber-5は、2008年に翻訳・出版されたケン・ウィルバー(松永 太郎訳)『インテグラル・スピリチュアリティ』(春秋社)で紹介されたものですが、説明も簡略化されているために、非常に理解しにくいものとなっています。

特に8 zonesといわれる整理図は、これまでに長年にわたりウィルバーの著書に親しんできた上級の読者にも難解なもので、大きな混乱をひきおこしています。

いっぽう、近年、続々と発表されているインテグラル理論の実践書では(例:Sean HargensのIntegral Ecology)、Wilber-5が積極的に採用されており、インテグラル・Movementの今後の動向を追跡していくためには、8 zonesを正確に理解しておくことは、必須の条件となりそうです。

8月以降の研究会では、こうしたことを考慮して、Zone 1〜Zone 8までを順番に探求することで、Wilber-5の意図することを再確認していきたいと思います。

参考図書
インテグラル理論関連書
鈴木 規夫・久保 隆司・甲田 烈・青木 聡(著)『インテグラル理論入門I:ウィルバーの意識論』春秋社(2010)
ケン・ウィルバー(著)松永 太郎(訳)『インテグラル・スピリチュアリティ』春秋社(2008年)
ケン・ウィルバー(著)鈴木 規夫(訳)『実践 インテグラル・ライフ:自己成長の設計図』春秋社(2010年)

Zone 1:
山口 一郎『現象学ことはじめ・日常に目覚めること』日本評論社(2002年)
Zone 2:
佐野 安仁 & 吉田 健二(編集)『コールバーグ理論の基底』世界思想社(1993年)

開催日:8月29日(日曜日)13:00〜16:00 p.m.
開催場:アトリエ・イフ・シーエーティー
    世田谷区奥沢6-27-2 アーバンSKビル2階
    自由が丘駅より徒歩7分
    九品仏駅より徒歩2分
    アクセスマップ:http://www.color-art.jp/access.html
参加費用:2,000円(一般)
     1,800円(IJ Member)
参加条件:特にありません
主催:インテグラル・ジャパン
URL:http://integraljapan.net/
連絡先:info@integraljapan.net
研究会 | permalink | - | -