/

<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

インテグラル理論研究会特別編:AIの未来と社会

告知 インテグラル理論研究会特別編:AIの未来と社会 2016年10月29日(土曜日) インテグラル理論においては、人間の成長とは、これまでに意識されていなかったものを意識化するプロセスをとおして実現されるといわれます。また、カール・ユングがModern Man in Search of a Soulが指摘するように、現代においては、そうした意識化をすることにたいして個人が積極的に責任を負うことが、とりわけ重要になっています。現代という時代を生きるにあたり、われわれは、みずからの認識や思考や行動に影響をあたえている無意識の領域に意識の光をあて、それを深く理解・洞察する必要があるのです。 Integral Japanの研究会・特別編(不定期開催)では、こうした問題意識にもとづいて、多様な領域の識者を御招きして、内的・外的な世界の意識化という、この重要なテーマに関する洞察を深めていきます。 2016年10月の研究会では、データ解析のコンサルタントして活躍される久本 空海(ひさもと そらみ)さんを御迎えして今後の人類社会を大きく変えていくだろうと予想される人工知能(Artificial Intelligence)に関して、特に言語の観点から探求します。 貴重な機会ですので、御誘いあわせのうえ、御参加ください。 発表概要: 囲碁で人間のプロに勝利した事件や、無人自動運転車の話題など、「人工知能(AI)」という言葉を耳にする機会が増えています。しかしその内容としては、AIの能力を過剰に見せ恐怖心を煽ったりするものも多く、いったいAIとはなんなのか、どのようなことができて、どんなことはできないのかよく分からない、という方も多いかと思います。 この研究会では、「AIの歴史」「AIと言語」「AIの未来と社会」という3部構成で、AIとはなにか、そしてそれがどのように我々に影響をおよぼしうるのか議論していきます。 これからの社会においてAIは確実に重要度を増していき、無視することができないものになっていくでしょう。そしてまた、AIを知ることは、人間を知ることにつながります。なんとなく重要だとは思っているが、漠然としたイメージのAIについて、考えを深める機会になればと思います。 課題資料 松尾 豊『人工知能は人間を超えるか』(2015, KADOKAWA) https://www.amazon.co.jp/dp/4040800206/ ブライアン・クリスチャン(訳: 吉田晋治)『機械より人間らしくなれるか?』(2014, 草思社) https://www.amazon.co.jp/gp/product/4794220804 『岩波データサイエンス Vol.2 統計的自然言語処理 ― ことばを扱う機械』(2016, 岩波書店) https://www.amazon.co.jp/dp/4000298526/ 講師プロフィール: 久本 空海(ひさもと そらみ) アイルランドなどでの海外生活を経て、日本在住。大学院では、コンピュータで人の言葉をあつかう「自然言語処理」の研究に従事。現在は、主にマーケティングの分野でのデータ利活用のコンサルティングを行っている。技術計算のための新しいプログラミング言語「Julia」の勉強会「JuliaTokyo」( http://julia.tokyo/ )主催。 日時:10月29日(土曜日) 13:00〜17:00 開催場所:株式会社トモノカイ 岡崎ビル3階 https://goo.gl/QeXZiw 定員:30名 参加資格:なし(定員に達し次第、締め切ります) 参加費用:4,000円 御申込は、下記のフォームよりお願いします。 https://goo.gl/forms/xgAIfeL6iHLGb9lF3
研究会 | permalink | - | -

インテグラル・エジュケーション研究会 2016年3月20日(日曜日)13:30〜16:30

インテグラル・エジュケーション研究会 2016年3月20日(日曜日)13:30〜16:30 発達心理学者のカート・フィッシャー(Kurt Fischer)が指摘するように、人間の発達とは本質的に生存環境と連動をしながら展開していくものです(文脈依存性)。われわれは、みずからの生きる社会や時代の影響を受けながら、自身の変化や成長を生みだすことになるのです。その意味では、自身を取り巻く生存環境の本質を的確に認識して、それが意味するものを理解することは、われわれが同時代の中で責任能力(response-ability)を果たしていくうえで、非常に重要な条件となります。また、それはVision Logic段階の意識にもとづいて発想・思考・行動していくうえでの必須の要素であるともいえます。 これまでの研究会では、こうした問題意識にもとづいて、われわれの生きる時代がどのような課題や問題と直面する時代であるのかを探求してきました。3月の研究会では、そこでの議論をふまえて、そうした課題や問題を解決するために求められる思考や行動や協働がどのようなものであるのかについてインテグラル理論の枠組をとおして検討します。 第9回私たちは自分たちをどう組織しているのか 他者との対話・協働・連帯をとおして共同体を組織していく ・組織論 ・戦略論 ・主体的な共同体の構築に関して 参考図書 ★ビル・トルバート『行動探求:個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ』英治出版(中級) ★ウッディー・ウェイド『シナリオ・プランニング』英治出版(初級) ★神野 直彦『人間回復の経済学』岩波新書(初級) ・ピーター・シュワルツ『シナリオ・プランニングの技法』東洋経済新報社(中級) ・ジョン・コッター『企業変革力』日経BP社(中級) ・アリー・デ・グース『企業生命力』日経BP書店(中級) ・ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー』日経BP社(中級) ・ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー2』日経BP社(中級) 付属参考資料 ・『ミツバチの羽音と地球の回転』(鎌仲 ひとみ)(DVD) ※課題資料は「初級者向け」「中級者向け」「上級者向け」の3つのレベルに別けてあります。参加者には、その中から御自身のレベルに相応しいものを選んで、読んでいただきます。 ★印を付しているものは、特に強く推薦する資料です。各回のコンセプトを理解していただくうえで最良の資料として位置づけていますので、★が付いている資料にはできるだけ目を通していただければと思います。 付属参考資料は、映画や小説を中心に構成されています。これらは研究会の主題をさらに具体的に理解するためのものです。これらの中から、興味・関心にもとづいて、少なくともひとつは鑑賞するようにしてください。 開催日時:2016年3月20日(日) 13:30〜16:30 開催場所:渋谷区渋谷2-14-13 株式会社トモノカイ 岡崎ビル3階 https://goo.gl/QeXZiw 定員:30名 参加資格:なし(定員に達し次第、締め切ります) 参加費用:3,000円 研究会の詳細は下記をご参照下さい。 http://integraljapan.net/seminar/IESG_2015.htm 御申込は、下記のフォームよりお願いします。 https://goo.gl/bCU4MF
研究会 | permalink | - | -

インテグラル・エジュケーション研究会 2016年2月

インテグラル・エジュケーション研究会 2016年2月27日(土曜日)13:30〜16:30 発達心理学者のカート・フィッシャー(Kurt Fischer)が指摘するように、人間の発達とは本質的に生存環境と連動をしながら展開していくものです(文脈依存性)。われわれは、みずからの生きる社会や時代の影響を受けながら、自身の変化や成長を生みだすことになるのです。その意味では、自身を取り巻く生存環境の本質を的確に認識して、それが意味するものを理解することは、われわれが同時代の中で責任能力(response-ability)を果たしていくうえで、非常に重要な条件となります。また、それはVision Logic段階の意識にもとづいて発想・思考・行動していくうえでの必須の要素であるともいえます。 とりわけ、生存環境が過酷化している現代社会においては、われわれは、社会生活を営むうえで他者からの様々な悪意に晒されることになります。原発事故における情報隠蔽やブラック企業の問題などに見られるように、他者の明確な悪意と対峙して、それに呑み込まれずに自らの権利を守り通していくことは、現代において必須のスキルとなっているのです。 2016年2月の研究会では、こうした問題意識にもとづいて、あらためてインテグラル理論において「悪」というものがどのようにとらえられているのかについて確認をしたあと、それが現代社会において具体的にどのように出現発露しているのかについて検討します。また、そうした悪の問題とわれわれがどう向き合っていくのかという点について、皆さんと議論を行いたいと思います。 第8回私たちは自分たちをどう組織しているのか ・他者との対話・協働・連帯をとおして共同体を組織していく ・「悪」に関する考察 参考図書 ・安冨歩『原発危機と「東大話法」』明石書店(初級) ・今野晴貴『ブラック企業』文春新書(初級) ★ルドルフ・シュタイナー『シュタイナー悪について』春秋社(中級) ★ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』岩波書店(中級) ★ロバート・J・リフトン『終末と救済の幻想』岩波書店(上級) 当初予定していた上記の参考図書に下記の2冊を追加します。 ★ケン・ウィルバー『アートマン・プロジェクト:精神発達のトランスパーソナル理論』 春秋社(中級) ★アーネスト・ベッカー 『死の拒絶』 平凡社(上級) 付属参考資料 ★『ショック・ドクトリン』(マイケル・ウィンターボトム & マット・ホワイトクロス)(DVD) ・『アクト・オブ・キリング』(ジョシュア・オッペンハイマー)(DVD) ・『敵こそわが友』(ケヴィン・マクドナルド)(DVD) ・『スペシャリスト』(エイアル・シヴァン)(DVD) ・『ダーク・ナイト三部作』(クリストファー・ノーラン)(DVD) ※課題資料は「初級者向け」「中級者向け」「上級者向け」の3つのレベルに別けてあります。参加者には、その中から御自身のレベルに相応しいものを選んで、読んでいただきます。 ★印を付しているものは、特に強く推薦する資料です。各回のコンセプトを理解していただくうえで最良の資料として位置づけていますので、★が付いている資料にはできるだけ目を通していただければと思います。 付属参考資料は、映画や小説を中心に構成されています。これらは研究会の主題をさらに具体的に理解するためのものです。これらの中から、興味・関心にもとづいて、少なくともひとつは鑑賞するようにしてください。 開催日時:2016年2月27日(土) 13:30〜16:30 開催場所:渋谷区渋谷2-14-13 株式会社トモノカイ 岡崎ビル3階 https://goo.gl/QeXZiw 定員:30名 参加資格:なし(定員に達し次第、締め切ります) 参加費用:3,000円 尚 2016年度の2月以降の研究会の日程は下記のようになります: ・2月27日(土) ・3月20日(日) 研究会の詳細は下記をご参照下さい。 http://integraljapan.net/seminar/IESG_2015.htm 御申込は、下記のフォームよりお願いします。 https://goo.gl/bCU4MF
研究会 | permalink | - | -

インテグラル・エジュケーション研究会 第6回

インテグラル・エジュケーション研究会 第6回 11月21日(土曜日)13:30〜16:30 発達心理学者のカート・フィッシャー(Kurt Fischer)が指摘するように、人間の発達とは本質的に生存環境と連動をしながら展開していくものです(文脈依存性)。われわれは、みずからの生きる社会や時代の影響を受けながら、みずからの変化や成長を生みだすことになるのです。その意味では、自身を取り巻く生存環境を的確に認識して、それが意味するものを理解することは、われわれが同時代の中で責任能力(response-ability)を果たして いくうえで、非常に重要な条件となります。また、それは、Vision Logic段階の意識にもとづいて発想・思考・行動するうでの必須の要素であるともいえます。 11月の研究会では、こうした問題意識にもとづいて、生存環境を的確に読み解くための観点である「政治論」「経済論」「貨幣論」について検討をします。 第6回 私たちはどのような時代と場所にいるのか? ・自己をとりまく生存条件に関する認識 ・世界を認識・把握する ・政治論 ・経済論 ・貨幣論 参考図書 ★藻谷 浩介『里山資本主義』角川書店(初級) ★ハーマン・デイリー『「定常経済」は可能だ!』岩波ブックレット(初級) ★河邑 厚徳『エンデの遺言』講談社+α文庫(中級) ★中野 剛志『世界を戦争に導くグローバリズム』集英社新書(中級) ・ベルナルド・リエター『マネー』ダイヤモンド社(中級) ・ハーマン・デイリー『エコロジー経済学』NTT出版(中級) ・ハーマン・デイリー『持続可能な発展の経済学』みすず書房(上級) 付属参考資料 ・『インサイド・ジョブ』(チャールズ・ファーガソン)(DVD) ・『フロウ:水が大企業に独占される!』イレーナ・サリーナ(DVD) ・『フード・インク』ロバート・ケナー(DVD) ・『モンサントの不自然な食べもの』(マリー=モニク・ロバン)(DVD) ・『世界が食べられなくなる日』(ジャン=ポール・ジョー)(DVD) ・『スノーピアサー』(ポン・ジュノ)(DVD) ※課題資料は「初級者向け」「中級者向け」「上級者向け」の3つのレベルに別けてあります。参加者には、その中から御自身のレベルに相応しいものを選んで、読んでいただきます。 ★印を付しているものは、特に強く推薦する資料です。各回のコンセプトを理解していただくうえで最良の資料として位置づけていますので、★が付いている資料にはできるだけ目を通していただければと思います。 付属参考資料は、映画や小説を中心に構成されています。これらは研究会の主題をさらに具体的に理解するためのものです。これらの中から、興味・関心にもとづいて、少なくともひとつは鑑賞するようにしてください。 開催日時:11月21日(土曜日)13:30〜16:30 開催場所:渋谷区渋谷2-14-13 株式会社トモノカイ 岡崎ビル3階 https://goo.gl/QeXZiw 定員:30名 参加資格:なし(定員に達し次第、締め切ります) 参加費用:3,000円 研究会の詳細は下記をご参照下さい。 http://integraljapan.net/seminar/IESG_2015.htm 御申込は、下記のフォームよりお願いします。 https://goo.gl/bCU4MF
- | permalink | - | -

インテグラル・エジュケーション研究会 第4回

インテグラル・エジュケーション研究会 第4回 7月18日(土曜日)13:30〜16:30 生き方が多様化した現代社会においては、外的な権威に依存することなく、自らの美的な感覚に基づいて、自分自身の生き方を自分で構築していくことが求められています。また、そうした多様性のなかで、自己の権利を主張し続けていくために、積極的に自己を表現していくことも現代においては非常に重要なスキルのひとつとなっています。第4回の研究会では、そのように「自己を表現すること」の意味について、芸術の領域を探求した思想家たちの著作に触れながら、議論を進めていきます。 ■議論事項 ・自己表現の能力と方法の鍛錬 ・自己を表現するとは? ・己の「声」(voice)を発見する ・美について ・美の領域を探求することの必要性 ・芸術の役割 ■参考図書 ★今道 友信『愛について』講談社(初級) ★今道 友信『美について』講談社(初級) ・ブレンダ・ウェランド『本当の自分を見つける文章術』アトリエHB(初級) ・子安 美知子『エンデと語る―作品・半生・世界観』朝日新聞社(初級) ・ミヒャエル・エンデ『ものがたりの余白』岩波現代文庫(初級) ・ルドルフ・シュタイナー『芸術の贈りもの』(シュタイナー・コレクション7)筑摩書房 (中級) 付属参考資料 ・『秘密の花園』(アグニェシュカ・ホランド)(DVD) ・『クジラの島の少女』(ニキ・カーロ)(DVD) ・『パッション・フィッシュ』(ジョン・セイルズ)(DVD) ・『7月4日に生まれて』(オリバー・ストーン)(DVD) ※課題資料は「初級者向け」「中級者向け」「上級者向け」の3つのレベルに別けてあります。参加者には、その中から御自身のレベルに相応しいものを選んで、読んでいただきます。 ★印を付しているものは、特に強く推薦する資料です。各回のコンセプトを理解していただくうえで最良の資料として位置づけていますので、★が付いている資料にはできるだけ目を通していただければと思います(もちろん、すべて読み切ることは難しいので、可能な範囲で構いません) 付属参考資料は、映画や小説を中心に構成されています。これらは研究会の主題をさらに具体的に理解するためのものです。これらの中から、興味・関心にもとづいて、少なくともひとつは鑑賞するようにしてください。 研究会の詳細は下記をご参照下さい。 http://integraljapan.net/seminar/IESG_2015.htm お申し込みは、下記のフォームよりお願いします。 https://docs.google.com/forms/d/1gXaxRdwuM-t40tqcdR9xXVZDB3jSxojNkqmxC8W63zk/viewform
研究会 | permalink | - | -