/

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12月のケン・ウィルバー研究会 | main | 2月のケン・ウィルバー研究会 >>

2008年1月のケン・ウィルバー研究会

2008年1月のケン・ウィルバー研究会の開催情報を御案内します。

この研究会では、現在、多数の研究者・実践者をまきこみながら深化しつづけている「現代思想」としてのインテグラル思想の可能性について探求しています。

また、ウィルバーの主催するIntegral Institute(http://www.integralinstitute.org/)を核として展開するインテグラル思想の最新の動向を参考にしながら、日本という文脈において、この思想を理解・実践するうえでの方法を共同して探求していきます。

参加をされる方には、可能であれば、下記の資料を読んできていただけるよう御願いします。

前半:Ken Wilber批判の考察:Ken Wilberの思想にたいする批判を展開している菅原 浩氏の発言について考察します。

参考資料:菅原 浩氏のBLOG(http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/)

Ken Wilberについて直接に言及している下記の文章を御読みください。

*ウィルバーによる微細エネルギー論・転生論とそれへの疑問(2007年7月17日)
 http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2007/07/post_e8a3.html
*トランスパーソナル理論への根本的批判――フェレルの『トランスパーソナル理論再検討』をめぐって(2007年5月6日)
 http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2007/05/post_155c.html
*諸宗教の超越的一致について――フェレルによるトランスパーソナル理論の根本的批判(その2)(2007年5月5日)
 http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2007/05/post_ebcb.html
*ウィルバーについてのコメント2(2006年5月13日)
 http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2006/05/post_b098.html
*ウィルバーについてのコメント(2006年5月13日)
 http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2006/05/post_124c.html

後半:FLATLANDの超克:Ken Wilberのインテグラル思想の重要な洞察のひとつであるFLATLANDについて、日本を代表する哲学者による同様の問題意識にもとづいた考察を参考にして、議論を展開させていきます。

参考資料:今道 友信(1990)エコエティカ:生圏倫理学入門(講談社学術文庫 946)

多くの方々の御参加を御待ちしております。

開催日時:1月27日(日曜日)13:00〜16:30
開催場所:品川区東大井きゅりあん 第3グループ室(http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/)
     東京都品川区東大井5-18-1
     電話番号:03-5479-4100
     JR/東急線 大井町駅前
参加費用:2000円

また、インテグラル理論を理解するための諸々の参考資料がインテグラル・ジャパンのHP(http://www.integraljapan.net/)に掲載されておりますので、どうぞ参照ください。過去の研究会における配布資料もダウンロード可能です。

鈴木 規夫 Ph. D.
インテグラル・ジャパン代表
http://www.integraljapan.net/

協賛:非営利活動法人 にじの絵のぐ
http://www.nijinoenogu.jp/ 今回の研究会では2つの主題をとりあげます。
研究会 | permalink | - | -