/

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 6月のケン・ウィルバー研究会:インテグラル・エコロジー | main | ILP BASIC説明会のおしらせ >>

7月のケン・ウィルバー研究会:インテグラル・エコロジー

2009年7月のケン・ウィルバー研究会の開催情報を御案内します。

この研究会では、現在、多数の研究者・実践者を巻き込みながら深化しつづけている「現代思想」としてのインテグラル思想の可能性について探求しています。 また、ウィルバーの主催するIntegral Institute(http://www.integralinstitute.org/)を核として展開するインテグラル思想の最新の動向を参考にしながら、日本という文脈において、この思想を理解・実践するうえでの方法を共同して探求していきます。

6月以降の研究会では、今年、Sean Esbjorn Hargensにより執筆された「インテグラル・エコロジー」(Integral Ecology: Uniting Multiple Perspectives on the Natural World. Boston: Integral Books.)を主要課題図書としてとりあげて、討議をしています。

また、現在、横浜国立大学教育人間科学部地球環境課に在籍している渡邉 謙二氏に自然環境学に関する講義を御願いします。

主要参考図書
今回の研究会では、「インテグラル・エコロジー」の概要を把握するために、著者によりまとめられた下記の小論文を参考資料として使用します。
An Overview of Integral Ecology: A Comprehensive Approach to Today's Planetary Issues
この資料は http://integrallife.com/files/Integral_Ecology_3-2-2009.pdf で無料ダウンロードできます。
参考URL:http://www.integralecology.org/open

補足参考図書
 ケン・ウィルバー(松永 太郎 翻訳)(1998)「進化の構造」春秋社
 ハーマン・E・デイリー(2005)「持続可能な発展の経済学」みすず書房
 小澤 徳太郎(2006)「スウェーデンに学ぶ持続可能な社会:安心と安全の国づくりとは何か」朝日新聞社

開催日時:7月26日(日)13:00〜16:30
開催場所:東京都北区北とぴあ806会議室
       (http://www.kitabunka.or.jp/data/sisetu/map/map001.htm)
       東京都北区王子1-11-1
       王子駅より徒歩2分
参加費用:2,000円

参加資格:本研究会は、どなたでも予約なしで参加できますが、ケン・ウィルバーのインテグラル理論に関して、多少の知識があることを前提に運営されております。御理解のうえ御参加いただきますよう、お願い申し上げます。

鈴木 規夫 Ph. D.
インテグラル・ジャパン代表(http://www.integraljapan.net/)

協賛:非営利活動法人 にじの絵のぐ(http://www.nijinoenogu.jp/)

Copyright © 2009 INTEGRAL JAPAN All Rights Reserved.

- | permalink | - | -