/

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2009年6月 オープン・ワークショップ | main | 「女性のためのインテグラル・ライフ・サークル」へのお誘い >>

2009年7月 オープン・ワークショップ

2009年7月 オープン・ワークショップ
Vision Logic Mind:対極性の統合

講座の内容

今日、わたしたちは多様な視点や感性をもった他者と意思疎通と共同作業をしていくことを必要とされています。今日においては、国外に行かなくても、日常の生活や仕事において、わたしたちは、異文化や異業種のひとたちと、緊密な交流と協働をとおして、効果的に目標や目的を達成することを要求されるのです。しかし、多様性の認識と尊重は、また、これまでの自己の基盤を否定することを意味するために、しばしば、混乱と麻痺をひきおこすことになります。

2 1 世紀を真に創造的に生きていくためには、こうした混乱と麻痺を克服することを可能とする、多様な存在をまとめあげるための統合力が必要とされます。こうした統合力を備えた思考体系を思想家ケン・ウィルバーは「ビジョン・ロジック」と名付けて、その開発の重要性を指摘しています。今回のオープン・ワークショップでは、こうした統合的思考能力を開発するための技法として活用されている最先端の技法を紹介しながら、日常の生活をとおして、統合的な思考を実践することができるようになるための基礎を確立します。

対極性の統合

ビジョン・ロジックの特徴のひとつは、対極的な価値を統合する能力を発揮するということにあります。今日、わたしたちは、「個人主義と集団主義」・「保守主義と革新主義」・「自律性と関係性」等、多様な対極性が生みだす緊張と混乱を経験していますが、それらを真の意味で統合するための有効な思考と行動の方法を見出すことはなかなかできずにいます。こうした状況を克服するための方法として、現在、「対極性の統合」と呼ばれる方法論が提唱され、個人の能力開発や組織の文化改革等の実用的な領域で活用されています。このオープン・ワークショップでは、こうした最先端の方法論を紹介します。

講師プロフィール

鈴木 規夫Ph. D.(インテグラル・ジャパン代表取締役)
人間の心理的発達と能力開発の領域において10 年以上にわたり研究と実践に取り組んでいる。企業組織における人材育成を主要な活動としており、主に発達段階の測定、リーダーシップ・パイプラインの構築、及び、エグゼクティブ・コーチングとリーダーシップ・トーイニングを担当している。2004 年にCalifornia Institute of Integral Studies(CIIS)で博士課程を修了。専門は、東洋と西洋の心理学(East-West psychology)。日本に帰国後、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバーのインテグラル思想の普及のための活動を展開している。 2005 年より、個人の統合的成長を目的とする実践のプログラム(Integral Life Practice)、及び、組織文化の統合的変容のプログラム(Culture of Leadership Program)というインテグラル思想を基盤としたプログラムの実施に中心メンバーとして参加している。また、ケン・ウィルバーの主催するインテグラル・インスティトュート(http://www.integralinstitute.org)の創立メンバー。現在は、International Advisory Board の一員として参加している。

日時・場所・参加費
日時:2009年7月20日(月)13:30〜16:30(開場13:15)
場所:品川区立総合区民会館きゅりあん研修室
大井町駅(JR京浜東北線・東急大井町線)徒歩2分
http://www.shinagawa-culture.or.jp/

参加費:会員 事前振込2,700円(開催日より2営業日前まで)
当日現金払3,150円
        一般 事前振込3,000円(開催日より2営業日前まで)
当日現金払3,500円
※定員に到達次第締め切ります。なるべく事前にお申込み下さい。

http://www.integraljapan.net/info/seminar2009openworkshop07.htm

※会員(IJ Members)への申し込みはこちらで受け付けています。

http://www.integraljapan.net/info/ijmembers.htm

定 員:20名

主催:インテグラル・ジャパン(株)
http://www.integraljapan.net/

1 Day Seminar | permalink | - | -